ドイツのサッカー観戦者数

ドイツのサッカー観戦者数

ディメリットもメリットだけではなくあります。スポーツニュースでも「ブンデスリーガ」に所属する日本人選手が活躍をすると、取り上げられるから、よく耳にするのはもちろんかも知れませんが。

ブンデスリーガにもこの国民性は反映をされてるのかもしれませんが、所属選手やクラブに対する規律や条件が欧州のほかのプロリーグやクラブと比べ、もっとも酷いいものになっています。そして、ドイツのブンデスリーガが3位デス。

なお、哲学や法律を研究人がドイツという国は多く、簡単に国民性を言えば、“堅牢としたマジメな国民”となります。まだ、野球は日本では人気スポーツでも、サッカー人気はさほどでもなかった頃デス。

サッカーの放映権ビジネスで1位も2位も世界的な認知のレベルが不廉ということも影響しているかもしれません。1イングランドで位が2位はスペイン。

大変大事な事です。世界でドイツのサッカー観戦者数は第一位という事は、あんまり知られていないかもしれませんが、エリアにそれぞれのクラブが根ざしてることがその要因になってるのかも知れません。

なお、リーグランキングを欧州サッカー連盟(UEFA)では公表をしてます。それは、ヘッドハンティングしたくてもほかの国のトップ選手をこの規律とか条件が足かせになってます。

近ごろ、「ブンデスリーガ」という名称を耳によくするのではないでしょうか?プロフェッショナル選手を目標にして日本人のアマチュアサッカー選手が、海を渡った先がドイツ。もっともこの規律とか条件が仮借しないことに対する良好点は、リーグやきわめてクラブの運営が健全である事です。